- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

ホンダ・クロスカブ110

横浜市からお越しのお客様

昨年2018年にモデルチェンジされたクロスカブ。歴史の長いバイクということで探ってみるとスタートはなんと1963年のハンターカブまでさかのぼり、たくさんの人に愛されてきたバイクであることは間違いありません。クロスカブのベースであるスーパーカブ同様路面を選ばない走行性能もありながらデザインもおしゃれで街乗りも楽しめそうですね。

今回、新車でのご入庫になります。
バイクの下地処理は車とあまり変わりませんが車ほど強い磨きはできません。新車ということで目立つ傷はあまり見受けられなかったので軽い研磨でうっすらと入った傷を除去していきます。今回のバイクはあまりありませんでしたがメッキ部分など細かいところまで下地処理をしていきます。

下地処理の次に行うのがコーティングです。下地処理をしたところはもちろんですが樹脂パーツやホイールのスポークなど、バイクコーティングでは車同様ゴムやチェーンなどをのぞいたほとんどのパーツにコーティングをしていきます。
樹脂パーツはコーティングの効果でより深い黒になり、しっとりとした美しい状態へと仕上げます。

コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。バイクには露出した樹脂製部分も多く、コーティングにより黒い部分を更に際立たせる効果もあります。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング