- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

【動画】こんな部分の塗装もくすんで見えます。ドアミラーの塗装のクスミ解消の例。

自動車において、塗装は色々な箇所に使われています。そして、それぞれの部位において塗装の仕上がりが違うことがあります。それはそうですよね。全てのパーツが同じところで同じように塗装されていないからです。

今回紹介するのは、ドアミラー部の塗装の不調を解消した事例です。

全体的に照明の映り込みが今一つで、艶がぱっとしなかったのですが、それが顕著に表れてしまっていたのが、ドアミラーでした。一見、これは艶消し(マットカラー)か?と勘違いしてしまいそうな程でした。しかし、この部分も適切な下地処理を施すことによって、塗装肌の調子が激変し、艶や映り込みが全く変わり、美しくなりました。

動画よりも肉眼の方が分かりやすかったですが、それでも、結構分かりやすく動画におさめることが出来ましたので、ご覧頂きたいと思います。

こちらは、メタリックブルーの事例です。

次に紹介するのは、同じ車種のソリッドホワイトの事例です。

下地処理をしたところとしていないところの境目で、蛍光灯の映り込みの様子が激変している様子がお分かりいただけるかと思います。

艶もまるで違ったものになりますから、外に車を出したときに、その変化は顕著なものとなります。ぜひ、ご自分の車でご実感いただけたらと思います。

トピックスのご紹介