- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

ボルボ・V60

横浜市からお越しのお客様

一昔前のVOLVOのイメージと言えば、実用性と安全性の塊でデザインは武骨。そんな感じだったかと思いますが、それは今は昔となってしまったようです。それは外観をみれば一目瞭然で、はっと目を引く美しさを兼ね備えているのが最近のVOLVO。個人的にはV60はその中でもぴか一の美しさを誇っていると思います。見た目かなり大きく見えますが、モデルチェンジにより全幅は狭められ、全高は1435mmと先代よりも45mmも低くなっているとのこと。サイズ感も非常によく、走りの良さ、実用性の高さはもちろん二重丸。VOLVOはVOLVO車による死傷者ゼロを目指すという非常に崇高でハードルの高いチャレンジに取り組んでいて、安全性能は言うまでもなし。なんだか褒めるところしか見つからない車となっています。

今回お預かりしたこちらのお車は、納車間もない新車です。輸入車の場合長い船旅を経てくるため、塗装の多少のダメージはあり、それを誤魔化す(?)ためのちょっと雑な磨き跡(オーロラマーク)が所々あることがそれほど珍しくありません。こちらのお車も比較的状態は良好でしたが、そのような磨き跡は散在していたので、下地処理によりまずはボディ状態を整えるところから作業を開始しました。ダメージを払拭するだけでなく、新車と言えどもそれ以上の状態を下地処理により演出できるという利点もあります。

下地処理を終えたボディはクリア感が増し、映り込みも良くなって、美観が強調されまるようになりました。そしてコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力が向上し、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

内装に関しても、内装専用のコーティングを施しました。内装はボディと違って水で丸洗いという訳にはいかないので、汚れをつきにくく、そして落としやすくすることによって良い状態を維持しやすくなります。特に今回のような淡い色のシートは汚れが目立ちやすいため、内装コーティングは特にお勧めとなっております。

V60-10

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2021年2月
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング