- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・ロードスター

横浜市からお越しのお客様

ロードスターにはハードトップと幌の2タイプがあって、ハードトップのモデルは排気量も2Lでクローズドなクーペに近い感覚で楽しむことができます。一方、今回施工させていただいた幌のタイプは、エンジンは1.5Lではあるものの車重は軽く、より軽快にきびきびと、風と一体になって楽しめるという利点があると思います。どちらを選んでも、運転する快感、ステアリングを握る気持ち良さは国内の道路に限って言えばぴか一な一台だと思います。個人的には一番乗りたい車です(^^)

さて、今回おあずかりしたこちらのお車は新車からは2年程経年した車両でした。ボディカラーが黒と言う事もあり、小傷やシミ等が目立ち始めるころ。まずは下地処理によってそれらのダメージを払拭し、黒本来の美しさを取り戻していきます。リボルトアジャストシステムという手法により、塗装面に極力負荷をかけず表面を綺麗に平滑に整えていくことにより、新車以上の艶、輝きを放つ塗装状態へと生まれ変わりました。もともと塗装の硬さや維持性という点においてはマツダの塗装は定評がありましたので、これでまずはリフレッシュ第一段階を無事終了しました。

次に、下地処理で美しくなったボディに対してコーティングを施します。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力が向上することより、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工