- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・CX-8

川崎市からお越しのお客様

マツダからビアンテ、そしてプレマシーというミニバンが消滅しましたが、理由としてはマツダがCX-5から提唱している「魂動」デザインがミニバンでは表現できないからというのも理由の一つのようです。
デザイン、そして走りを重視するマツダからすると致し方ない選択だったのかもしれませんが、そんなマツダが出した新たな答えがこのCX-8なのだと思います。大人数=ミニバンという固定概念を打ち破り、事実そのスタイリッシュな格好良さから、大ヒットと言ってもいい販売台数を記録しました。プレミアムな上質感と今流行のSUV、そして「魂動」デザインを踏襲したスタイルに大人数が乗れるプレジャー感。今では路上でも当たり前のように見かけるほどになりました。CX-5よりも全長が長くなった(特にリア部分)おかげで全体のシルエットがより流線形に近くなり、それも格好良く見える要因なのかもしれませんね。

さて、今回お預かりしたこちらのお車は、納車したての新車です。最近のマツダ車は、とにかく塗装の質が良くなったと感心させられますが、若干の個体差はあるように感じます。今回お預かりしたこちらの個体に関しては決して悪くはなかったのですが、若干のボケは感じられました。(それでも以前のマツダ車によく見られたボケの強い塗装面と比べれば格段に良くなっています)この塗装面に下地処理を施すことによりクリアな質感となり、艶も増して新車を越えた美しさに生まれ変わります。せっかくの新車なのですから、もう二度と味わえない極上の状態を味わって頂きたいものです。さらに、下地処理には、塗装面の目に見えないレベルの不要な付着物を除去して、コーティングの定着を確実なものとするという効果もあります。

下地処理を終えたボディはマシーングレーの美しさをより強調されたものに生まれ変わりました。そして次に行うのはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。


Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工