- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

フォード・マスタングGT

川崎市からお越しのお客様

フォードの日本市場撤退により、日本ではなかなか見れないと思っていたマスタングがリボルト川崎にやってきました。
こちらのモデルは、先代となる6代目のS197というモデルですが日本国内には110台しか販売されていないパフォーマンスパッケージです。純正でレカロシートとブレンボブレーキが装備されているのも特徴です。
エンジンは5リットル、426HPを誇るV8エンジンが奏でるサウンドは、もはやアメリカ映画を見ているよう。フロントにかけてのフォルムは往年の姿を彷彿させます。全身ガンメタリンクのカラーに未来を感じながら、半世紀以上前のDNAが見え隠れするのはマスタングの魅力と言えるでしょう。

さて、今回ご依頼いただきましたこちらのお車は、新車からは5年以上経過しておりました。前のオーナー様の洗車状況が芳しくなかったのか、ボディ全体にシミ(イオンデポジット)が多く付着しておりました。本来のマスタングの迫力を引き出すためにも、シミや小傷などのダメージは綺麗に払しょくしなければなりません。

ですので、まずは下地処理から作業をスタートします。リボルトアジャストシステムという技法でボディを磨き上げ、塗装のダメージを解消していきます。『磨き』は塗装面を大なり小なり『削る』作業ですので、極力塗装面に負担をかけずに、なおかつ塗装面を美しく調整するにはノウハウと技術が必要になります。この先、長年車を維持していくことも考えると、塗装への負荷は極力かけないという事は、重要なポイントとなってきます。細心の注意を払い作業を進めて下地処理が完了させると、濡れたような艶感がぐっと増し、輝きが強調された美しい状態に生まれ変わりました。

ボディが美しく再生したところで、次に行うのはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果がありますが、加えて保護力、防汚力がアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティングを終えると、下地処理後よりもさらに美しい艶で包まれます。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工カーフィルム