- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・MAZDA3

横浜市からお越しのお客様

今回入庫しましたのはMAZDA3です。以前から日本名では「アクセラ」と言う名前で知られ販売されていましたが、初代モデルから国外では「MAZDA3」として販売されていました。この視線をとらえて離さない躍動的なフォルムが、全身から魅力的な色気をぷんぷんと漂わせているようです。世界戦略的に見ても最大のライバルはゴルフでしょうから、それに負けない強い意欲を感じる仕上がりとなっているようです。洗練された走行性能と最新の安全技術がもっと走りたいと思う気持ちをサポートしてくれることでしょう! これからどんどん街でもみかける機会が多くなりそうな一台ですね。

さて、今回お預かりしたこちらのお車は、納車間もない新車でした。最近のマツダの塗装の仕上がりはクオリティが以前よりずっと上がっていて映り込みもぱっきりしていい感じなのですが、個体差はあるように思います。ソウルレッドは、比較的塗装のボケを感じさせてしまうカラーなので、まずは下地処理によってそれを解消して新車以上の塗装面に仕上げていきます。マツダは塗装自体の硬さや扱いやすさは比較的優秀なので、外観の点を完璧に整えれば、非常に良い塗装と言えると思います。丁寧で高い技術を駆使した下地処理で塗装面に負荷を極力かけずに平滑化をし、表面のつるつる感を演出しました。ソウルレッドというカラーが狙う本来の質感を十分に引き出せました。

下地処理の次はコーティングを施します。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。マツダ自慢のソウルレッド、より美しく映えるようになりました。加えて保護力、防汚力が向上し、この状態をより長く維持しやすくなりました。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

また、前席シート、ハンドル、シフトノブの内装もコーティングを施しました。内装はボディ外装と違って丸洗いできない部分であり、しかも肌や服が直に触れる部分でもありますので、コーティングにより汚れをつきにくく、また落としやすく処置しておくと、良い状態をより長く保てるようになると思います。

MAZDA3-10

外側も内側も綺麗にして、ドライブを楽しんでいただけたらと思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロシートコーティング