- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・ロードスターRF

横浜市からお越しのお客様

もうこの車に関しては多くの説明は不要かと思います。当店でも何台も施工させて頂きましたが、日本という国で走りの快感を追及すると、この車にたどり着くのではないかと常々思っています。店内をちょっとだけ車の移動をさせて頂くこともありますが、この車の気持ちよさは1m動かしただけで分かります!

さて、今回おあずかりしたこちらのお車は新車です。マツダの塗装は従来ずっとボケが強いとか外観に関する仕上がりが今一つという難点がありましたが、最近はその点が改良され、外観上のクオリティも上がっております。(塗装の硬さや維持性というてんでのクオリティは元々良かったです)ですが、新車と言えどボディの状態で100点満点を付けられるものは稀で、こちらのお車も下地処理でより最良の状態に仕上げていきます。僅かに残る塗装ボケや曇りを払拭し、またピアノブラックパーツ部分に見える小傷は極力無傷の状態に仕上げます。下地処理が完了すると、やはり新車以上の美しい状態に生まれ変わるので、施工しながらいつも不思議なものだなと感じてしまいます。

下地処理で美しくなったボディにたいして、次に行うステップはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。マツダ自慢のマシーングレーが、より美しく映えるようになりました。加えて保護力、防汚力が向上することより、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

また、美しい鮮やかな赤いレザーシートには内装用のコーティングを施しました。内装は服や肌が直に触れるところですので、ある意味外装よりもダメージを多く受けてしまう箇所です。コーティング剤が表面だけでなく内部まで浸透して素材を守りますので、汚れが付きにくく、また落としやすくなります。せっかくの赤いレザーシートですから、良い状態で維持したいものです。

ロードスター9

ロードスター10

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

Twitter  ID @revolt_kawasaki http://twitter.com/revolt_kawasaki

Instagram ID @revolt.kawasaki http://t.co/xSk5oA67Px?amp=1

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティングシートコーティング