- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

トヨタ・スープラ

東京都からお越しのお客様

スープラと言えば、つい先日、17年振りに新モデルとしてよみがえった新型スープラが話題となっていますね。今回施工させて頂いたのは、新型の方ではなく、かつてのトヨタのスポーツフラッグシップだったスープラ。スタイルはいかにもと言ったオーラをビンビンに放っていますが、スタイルだけでなく、実際、剛性の高いボディや頑丈なエンジンという素材を活かし、チューニング次第では凄まじい馬力を出すことも可能なようです。そのため、チューニングカーのベースとして使われることが多いようです。とはいえ、最終モデルが登場してから早17年が経過してしまった経年車ですから、復活させるにはそれなりに骨が折れそうです。

ということで今回依頼いただいたスープラですが新車から18年経過した車ということもあり、全体的にスクラッチ傷などのダメージはガッツリ入っていました。この色味を考えると、本来の美観はそれなりに損なわれてしまっている状態でした。しかし経年車の為、所々塗装も弱っている個所もあり、力任せに磨くわけにはいきません。塗装状態を見極め、塗装に負担をかけすぎずその塗装にあった下地処理(磨き)を行う【Revolt Adjust System】を用いて、塗装表面を平滑化させます。それによりスクラッチやシミ等各種ダメージを軽減させ、艶感アップとコーティングの食いつきを良くするための下準備をします。

下地処理を終えたボディは、う~ん、なかなかの彩っぽい艶感が出てまいりました。

次に行う工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きを更に一段増す効果があります。保護力、防汚力もアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は、当グループオリジナルの低分子・完全硬化型ガラス濃度100%のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮・濡れたような艶・防汚効果に優れています。またベースコートとトップコート共に紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティングを終えたお車は二十年近く経過した車とは思わせない鮮やかな青に蘇り、新車以上に存在感を増すようになったと思います。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工