- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・アテンザ

横浜市からお越しのお客様

現行型アテンザが発売されたのが2012年なので、そろそろフルモデルチェンジとなってもおかしくない頃合いなのですが、かなり大幅な変更・改良が為されたビッグマイナーチェンジにより現行型を維持する形となりました。しかし、外観もかなり印象が変わりましたし、内装も走行性能面も大幅に洗練されたものになり、マツダのフラッグシップに相応しい車へと進化しました。

今回お預かりしたこちらのお車は、納車したての新車です。ここのところのマツダ車を見ると、塗装の仕上がりも非常によろしく、マツダの代名詞(あまりいい意味ではありませんが)とも言えた塗装のボケはかなり改良され、映り込みの良い綺麗な塗装面へと進化しています。元々塗装の硬さや扱いやすさについてはとても良かったマツダの塗装ですから、美観上の問題が解決されたことで、その点でもアドバンテージを増やしたといえると思います。しかし、それでも下地処理を施すことにより、さらに艶感が増し全体的により美しくなります。新車を施工していつも不思議に思うのですが、新車と言えど、100%ではないのだなと痛感する瞬間です。せっかくの新車なのですから、もうこれ以上ないっていう状態にしたいです。さらに、下地処理には、塗装面の目に見えないレベルの不要な付着物を除去して、コーティングの定着を確実なものとするという効果もあります。

下地処理を終えたボディはクリア感が増し黒の深みもぐっと出ました。そして次に行うのはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。マツダの誇るましーんぐれーが、より金属感の増した美しく映える艶となりました。保護力、防汚力もアップしますから、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

そして、シートコーティングも施工させて頂きました。シートは人肌等直に触れる部分の為、汚れや油脂が付きやすい場所です。しかし、シートはボディのように洗車してスッキリ、という訳にはいかないため、綺麗な状態を維持するには、出来るだけ汚れにくくするという工夫が必要となります。シートコーティングによる防汚力はかなり強力ですので、お勧めのオプションコースとなっております。

アテンザワゴン9

アテンザシート

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロホイールコーティング窓ガラス撥水加工シートコーティング