- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

フォルクスワーゲン・パサート

神奈川県川崎市からお越しのお客様

ヴァリアントは、VW社のステーションワゴンに用いられている言葉です。英語で言うと異なると言った意味になるみたいですが、パサートというとヴァリアントの方が一般的というイメージがあります。パサートというと質実剛健という言葉がぴったりの車ですが、ヴァリアントはさらに高い実用性があります。余裕の居住空間にラゲッジスペース、高い安全性、日本の道路においては必要十分な走行性能に走行時の快適性、どれをとっても非常に(本当に非常に)高い実力の持ち主です。その上、パサートはこの型になってとても優れたデザインを手にし、カスタムする際にも期待以上に映えるスタイルとなっています。

さて、ここのところ、VW社の車を施工する際はその殆どがこちらのお車と同じカラー(メタリックブラック)をなのですが、黒だからという以上にデリケートで小傷が入りやすいという印象があります。こちらのお車も新車でご入庫いただいたのですが、当店の照明下でボディ状態を確認すると、驚いたことにボディ全面にびっしりと小傷が見えたのです。多少の洗車傷なら分かりますが、うーん、これはどうなんでしょう?
でも、おそらく下地処理で何とかなるレベルの用には思えましたので、お客様の了承の下、作業は進めさせていただきました。

まずは下地処理でボディの状態を綺麗にするところからスタートですが、心配していたほど傷は深くなく、通常の下地処理(時にちょっとプラスα)で小傷の方は処理することが出来ました。やはりこのデリケートな塗装のせいなのでしょうか。正直、ディーラーさんも扱いには苦労されているのかもしれないなと想像しました。

そして車全体の下地処理を無事に終えると、塗装面のダメージが払拭されただけでなく、艶感、美観もぐっと引き立ちました。新車と言えど完全ではないのが殆どなのですが、やはり新車はこうでなくてはいけません。

ようやく新車として納得のいく状態になったところで、次に行うのはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。美しいメタリックブラックが、より色濃くクリアで美しく映えるようになりました。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工