施工ギャラリー

神奈川県横浜市からお越しのK様

車名:
プジョー3008
施工内容:
リボルト,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工,板金塗装修理
プジョー3008-3

プジョー3008のご入庫です。お客様は新車でご購入後、弊社にてコーティング施工のご予約を頂戴しておりました。そのお待ちいただいている時に、右リアフェンダー部分を擦ってしまわれてしまい、コーティング前に板金塗装もご用命いただきました。本当にありがとうございます。

弊社では、コーティング専門ショップとして板金塗装も行っております。
詳細はこちらにリンクを貼っておきます。

【板金塗装修理】

事故に遭われてしまった場合、多くの方はディーラーさんにて板金塗装修理されます。実際には、ディーラーさんで板金塗装をするのではなく、ディーラーさんと付き合いのある下請けの板金塗装業者さんに回されて、そこで修理することになります。

たくさんの業者さんがディーラーさんに出入りしていますし、一つの業者内でも複数人のスタッフさんがいます。そして、この板金塗装という作業は、結果その作業を行った人のスキルによって、仕上がりにかなりの差が出てしまいます。これは、職人仕事であるが故に、職人さん自身の腕によるところが大きいからなのです。

そして、仕上がったお車を確認するのは、ディーラーの営業さんとなります。つまり、修理後のお車の塗装と言うのは、統一されたクオリティ基準ではなく、様々なレベルのクオリティが存在することになります。

我々、コーティング専門ショップから見ると、ほとんどが「???」と思ってしまうものが多くあるのが現状です。

しかし弊社にて施工させていただいた板金塗装修理に関しましては、全てコーティングレベルでの仕上がりを満たしたものしか行っておりません。ディーラーさんの営業さんが最終チェックするものと、我々コーティング専門ショップが最終チェックしたものとでは・・・
答えを言うまでもありませんよね。

今回のお車も、かなりこだわって板金塗装修理をさせていただきました。
もちろん、修理後にはリボルトの2層コーティングにて、しっかりガードいたします。

お引き渡しの際には、お客様にも大変喜んでいただくことが出来、ホッと一息付けました(笑)

今後は、セオリーに沿った洗車を行って頂ければ、長期間にわたり艶と輝きが維持できると思います。
この度は、ご用命いただき誠にありがとうございました。

ラディアスロゴ2