施工ギャラリー

東京都中野区からお越しのS様

車名:
メルセデスベンツAMG GL55
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング
ゲレンデ4

メルセデスベンツ・ゲレンデ(AMG/GL55)のご入庫です。なんて、品のある美しいスタイルなのでしょうか。30年前の設計のお車でありながら、いつまでも乗っていられるお車です。本当に良い物はいつまでも支持され続けるのですね。

お客様はお車を購入された際に、ボディ全体に販売業者さんが磨いてしまった磨き傷があることを非常に気にされていらっしゃいました。バフ傷やオーロラマークがビッシリと付いていました。
よく見ると、かなり深く付いている傷も多くあり、それらを除去する下地処理には注意が必要でした。いたずらに磨くことは、塗装には良くないからです。その辺の見極めは、膜厚計を用いて塗装膜厚を確認後、経験値を活かしながら磨いていきます。そうすることで、その時点でのベストを目指すことが出来ます。

ちょっと宣伝になってしまうのですが・・・下地処理技術についてちょっと記載させて下さい。以下、当HP上の下地処理技術から引用しております。

---------------------------------------------------

ラディアスグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。

個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

適当に磨けば綺麗になるという程、生易しいものではありません。長年の経験と知識、技術ネットワークによって支えられたものなのです。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがラディアスの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

ラディアスグループでの最上級コーティングである【リボルト・プロ】では「Revolt adjust system」の特徴である、最小限の磨きで最大限の美しさを引き出す技術を使った上で、十分な膜厚を確保出来るガラス被膜をコーティングしますので、お車の塗装膜厚は、マイナスではなくプラスへと持っていかれます。

----------------------------------------------------

宣伝すみませんでした。下地処理には、しっかりと技術を確立した上で施工させて頂いております。

下地処理後は、完全脱脂を行い、リボルトプロのコーティングです。
リボルトプロのコーティングは、一般的な量販タイプのコーティング剤のクオリティと比較して、圧倒的に優位的な立場にあります。それはクオリティのみを追求し、独自に研究開発されて生み出された商品だからです。

コーティング後は、最新式の短波型赤外線乾燥器により、ガラス被膜を完全硬化させます。
この焼付コーティングにより、ガラス被膜は安定硬化し、保護性能がアップします。

仕上がりは、ワイルドなブラックカラーのウェットルックに仕上がりました。
艶々なAMGは美しいですよ。

ラディアスのガラスコーティングは、仕上がり直後の美しさだけでなく、長い期間その効果を維持することが出来ます。

量販タイプのガラスコーティングの決定的な弱点である、水シミの問題もクリアーしております。お客様にお引渡している時点で、完全硬化しておりますので、施工直後に雨に濡れても全く問題ございません。もちろん、それだけでなく、通常の洗車をして頂ければ、汚れも簡単に落ちていきます。

こういう大きなお車ですので、洗車は簡単でないと、イヤになりますよね(笑)

お引き渡しの際には、お客様にも大変喜んでいただくことが出来ました。
この度は、ご用命誠にありがとうございました。

ラディアスロゴ2