施工ギャラリー

川崎市中原区からお越しのA様

車名:
ホンダシビック無限TYPE-RR
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
シビック1

シビック無限TYPE-RRのご入庫です。無限TYPE-RRは全国300台の限定車で、エンジン回り、足回りなど無限によるフルチューンという羨ましい限りのお車です。

ご入庫時、ボディ全体には小傷が無数にあり、その小傷により本来赤い塗装が白い線傷によりピンクっぽくなってしまっていました。これは、どの色のお車でも同様な現象になります。傷自体は白く見えてしまうために、ボディ本来の塗装に白色を混ぜたような淡い色になります。黒ならグレーっぽく。青なら水色っぽくとなります。
この淡い色になってしまったボディに下地処理・磨きを行い、傷を除去すると、本来の色が更に強調されます。赤いボディは更に深い赤色になります。

塗装と言うのは、国産・外国メーカーによって様々です。塗装の硬さ、厚さは塗装の色によっても変わります。もちろん、ボンネット、ルーフ、ドア、フェンダーそれぞれ変わります。ですので、いたずらに磨くことは避けて、十分に塗装の状態を確認する必要があります。確認する一つが膜厚計であり光沢度計です。これらの計測機器は従来の経験と勘だけに頼ってきた下地処理のリスクを大幅に下げ、さらなるクオリティアップを実現することが出来ます。

こちらのシビックも、ボンネット部分とドア部分では塗装の質が違いましたので、作業には慎重を期して行いました。

下地処理後には、リボルトプロのガラスコーティングを2層にて施工いたしました。下地処理だけではなく、コーティングすることで、更に艶と輝きがグッと増し加えられます。

お引き渡しの際には、A様には大変ご満足していただくことが出来ました。
「ここまで赤かったんだぁ」とご納得いただけました。

今後は、洗車セオリーに沿って頂ければ、長期間にわたりこの艶と輝きが維持できると思います。

この度はご用命誠にありがとうございました。