施工ギャラリー

東京都荒川区からお越しのK様

車名:
新型プリウス
施工内容:
リボルトプロ,窓ガラス撥水加工
プリウス2

新型プリウスのご入庫です。お客様のK様は5か月前にご注文され、やっと先週ご納車とのことでした。今、一番の大人気車ですから、手に入れるのも大変です。K様は先代のプリウスに乗っていらっしゃって、たまたま試乗されたら買ってしまわれたそうです。大変うらやましいです(笑)

さて、お車はトヨタの黒ソリッドカラーということで、一般コーティングショップ泣かせの色でございます。しかし、ラディアスグループでは高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」がありますので鬼に金棒です。最小限の磨きで、最大限の美しさを提供出来る技術です。お車の塗装は限られていますから、磨かないに越したことはありません。

トヨタの塗装は非常にクオリティが高く、均一に塗装されております。そのボディに下地処理を施すと、更にクオリティがアップいたします。下地処理を行う事で、艶と輝きが新車以上に大変身するのです。お引き渡しの際に、K様も大変驚いていらっしゃって「こんなにも変わるなんて、すごいよ」とお褒めの言葉を頂戴いたしました。

「Revolt adjust system」で完璧に仕上げられた塗装には、リボルト・プロの2層コーティングを施工しました。このリボルト・プロは一般量販タイプのガラスコーティングと比較しても、シミが出来にくく、汚れも落ちやすく開発されております。洗車が楽しくなるガラスコーティングです。また、ガラス被膜の膜厚が圧倒的なため、塗装の膜厚を補充するメリットもあります。従来の塗装を削るだけ削って、美しさの代わりに塗装を弱らせていた方法を根本から覆す考えであり、技術です。マイナスではなく、プラスへ持っていく下地処理技術とコーティングとのコラボレーションです。

コーティング後は、ガラス被膜定着のため、短波式赤外線乾燥機により、被膜をガッチリと硬化させ、ガードいたします。この短波式は、従来の中波式に比較して、より内部に熱が届くため、ムラの無いコーティングの硬化が可能になります。
この作業工程により、被膜の効果は完全なものになり、雨シミなどを気にする必要はございません。このまま雨の中お引き渡しをしても全く問題はございません。

他社のガラスコーティングでは、施工直後に雨に濡れることは、シミが出来やすく、お客様には、雨に濡らさない下さいという不便をおかけすることが多いと聞きます。ただ、弊社リボルト・プロのガラスコーティングにつきましては、この点でお客様にご不便をおかけしないためにも、水シミの問題につきまして、真摯に検証しクリアーしておりますので、施工直後に雨に濡れても一切心配していただく必要もご面倒をおかけすることもございません。
クオリティとメンテナンス性を備えたガラスコーティングとなります。

今後は、洗車の基本を守っていただければ長期にわたりこの艶と輝き、防汚性を維持できます。この度はご用命ありがとうございました。

ラディアスロゴ2