- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・ロードスター

東京都からお越しのお客様

細かい説明はもはや不要かと。最近私が乗りたいなと思うナンバー1がこのロードスターです。軽量化されたボディに程よいパワーのエンジン、マツダが目指す人馬一体のハンドリング、スペック云々は置いておいて、とにかく気持ちよさそうです。オーナー様も、この車はとにかく運転していて気持ちいいとおっしゃておられました。分かりますとも。お店の中をちょこっと移動しただけですが、その雰囲気はぷんぷんと匂ってきましたもの(笑)

さて、今回お預かりしたこちらのお車、納車したての新車です。最近施工させて頂いたマツダ車の塗装を見る限り、なんだか信じられないくらい良くなっている印象があります。これが全車に当てはまることなのかそうでないのかは分かりませんが、ボケ、クスミは比較的抑えられていて、いい感じの塗装面でした。元々塗装自体の硬さや維持のし易さはありましたので、仕上がりが良ければ、これはとても喜ばしいことです。ということで元々の状態が良いですから、塗装に負荷を与えるような強い磨き込みはせず、艶、輝きを存分に引き出すためのデリケートな下地処理をゆっくり時間をかけて行います。このデリケートな作業が他とは違う輝きを生み出すのです。

丁寧に下地処理を進めボディの磨きが完了すると、新車以上の輝きを放つようになりました。そして、下地処理は外観を美しく整ええるだけではなく、塗装表面の目に見えないレベルのものも含めた余計は付着物を除去し、コーティングが塗装面にしっかりと食いつくための下準備ともなります。ですので、新車でも下地処理はとても重要な工程となるのです。

下地処理が完了したら、次はコーティングを施します。鮮やかさの増したボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きをさらに一段増す効果があります。保護力、防汚力がアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

また、ある程度洗車傷が増えてきたとしても、メンテナンス施工というリフレッシュコースで、綺麗な状態に戻すこともできますので、気軽にご相談いただけたらと思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工