- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

トライアンフ・タイガー800

神奈川県横浜市からお越しのお客様

ところで、トライアンフ(TRIUMPH)ってどんな意味かご存知ですか? 私にとってはあんまり耳慣れない単語ですが、中学だか高校でその単語を習ったとき、やけにインパクトがあったことを思い出します。その意味は『大勝利』です。日本語の語感にはあまりないようないい響きです。話はそれましたが、そのトライアンフからでたアドベンチャーモデルのバイクが、タイガー800です。見た目にも明らかですが、オンロードで長い距離ツーリングするもよし。そしてオフロードに入るとさらにその真価を発揮します。タイガー800にキャンプ用品を積んで、あちらこちらを駆け巡っている方のブログを拝読いたしましたが、とても楽しくて気持ちよさそうでした。でも、このバイクの価格を知るとちょっと驚き……。あらゆるシーンを確実に快適にこなせる、贅沢な大人の一台と言った趣かと思います。

さて、バイクコーティングですが、別のバイクになりますが、コーティングの為に当店にバイクを持ち込んでくださったバイクショップの方に、価格をお伝えしたところ「そんなに安いの?」と驚かれました。お客様の感覚とはもしかすると少し違うかもしれませんが、普段バイクを扱っていらっしゃる方には理解していただけたようで嬉しかったです。

当然、車と違って大きさそのものは大したことは無いかもしれません。でも、問題はその構造にあります。当ショップのバイクコーティングは、目に見える範囲でゴムやコーティングに適さない場所以外はほぼ全てコーティングをかけますから、洗浄するだけでもものすごい手間がかかるのです。でも、やはり自動車程の価格設定は出来ないのが正直なところ。ではなぜ、当店ではバイクコーティングをするのか?

一つは、施工店が少ないという事。何故少ないかというと、手間がかかり、また高い技術力を要するからです。つまり、バイクコーティングをきちんとできるお店は高い技術力があるという事の証明とも言えるのです。そして、バイクコーティングをハイクオリティで行うことは、ショップとしての技術力向上にも役立ちます。

二つ目。ニーズがあるから。バイクは特に趣味性が高く、その分大事に扱いたいという人が多く、その分ニーズも高いと言えます。

三つ目。楽しいから(笑) 車と違ってバリエーションが豊かで、見た目にもとても楽しいです。細部に至るまで綺麗に生まれ変わっていく姿を見るのはとても気持ちがいいことなのです。

ということで、こちらのバイクも、塗装面は下地処理で美しく整え、大多数を占めるそれ以外の部分も、コーティングの効果でしっとりとした美しい状態へと仕上げました。樹脂パーツはリボルトプロのベースコートにより黒さを増し全体的に引き締まった印象に生まれ変わります。

加えて保護力、防汚力のアップにより、この状態をより長く維持しやすくなります。

コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。バイクには露出した樹脂製部分も多く、コーティングにより黒い部分を更に際立たせる効果もあります。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティングホイールコーティング