- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

ポルシェ・ケイマン

東京都からお越しのお客様

ポルシェと言えば、誰もが知るスポーツカーメーカー。そして、ポルシェを代表し、ザ・ポルシェと言わしめるのが、歴代911となります。しかし、近年911のスペックはぐんぐんと向上し、もはやスーパースポーツと言っても過言ではない領域に突入しつつあります。そう考えると、価格的にも『公道を走る』という観点においても、実はとてもバランスの取れたスポーツが、ケイマン、ボクスターなのかもしれません。(そうはいっても、ケイマンでも十分すぎるくらいに早いのですが。聞いた話によると、アウトバーンを走らせても、ボクスターやケイマンに追いつける車は殆ど無いそうです)スタイルも、二代目(981)になって、ややポルシェ感は薄まったように感じますが、逆に流麗なカッコよさは際立ったと思います。ライトな感じと重厚感が絶妙なバランスでマッチしています。これが発表されたときは、理屈抜きで『欲しい』と思いました。

さて、今回お預かりしたこちらのお車は新車から三年程度経過しております。三年という年月を鑑みれば状態は良かったと思いますが、やはりそこは多少のスクラッチや傷みが散見されます。ボディ全体の印象としても、もう少し、艶、輝きが欲しいところ。

そこで、まずは、下地処理から作業を開始いたします。塗装面を出来るだけ平滑に磨き上げ、しっとり濡れたように輝く艶を演出します。下地処理は全てて作業ですから、作業環境と施工者の技術力が多いに問われる作業となります。下地処理のクオリティが、コーティングのクオリティの7割以上を占めるといって過言ではありません。当グループでは下地処理に関して、業界最高レベルの環境、道具、そして技術をそろえております。長年の研究によって積み重ねられてきた ”Revolt Adjust System”というスキルにより、ボディに極力負担を与えずに美しく磨き上げていきます。

下地処理を終えたボディは、ダメージが軽減されただけでなく、塗装の映り込みも良くなってしっとしとした艶感が増し、美しい状態へと生まれ変わりました。次に行うのはコーティングです。艶、輝きをさらに一段増す効果があり、しっとり濡れたような艶がでました。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工