- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

マツダ・CX-8

神奈川県横浜市からお越しのお客様

三列シートSUV。今までなかったわけではありませんが、ミニバンから撤退したマツダからしてみたら、三列目のシートを備えた車は是非とも必要な一台だったと言えるのではないかと思います。CX-8はまさにそのニーズにマッチした車と言えると思いますが、それでけではありません。内容も価格帯も堂々のマツダのフラッグシップと言える仕上がりを見せているようです。静粛性の高さ、運転時の快適性、きびきびとした走り、そのどれをとっても、マツダの狙い通りの完成度の高さとなっています。大きくなっても、全幅はCX-5と変わらず、使い勝手の良さもあります。ただ単純にCX-5を一回り大きくした物、ではなく、実は一回り多いCX-9から小さくするという手法を取っていますし、その上に新たに開発された技術をジャンジャン投入していますので、その走りには無理が無いんですね。

年末に向けて、納車待ちCX-8の問合せが増えてきました。今後も沢山のCX-8に出会う機会がると思うと、とても楽しみです。

さて、今回お預かりしたこちらのお車は、ほぼ納車したての新車です。塗装面に関してはマツダ特有のボケも少なく、ついにマツダもその辺本気を出し始めたかという感じがします。今後施工させて頂くマツダ車で様子を見守りたいと思います。とはいえ、やはり下地処理を施すことにより、さらに艶感が増しますし、全体的により美しくなります。新車を施工している時の七不思議なのですが、新車と言えど、100%ではないのだなと痛感する瞬間です。せっかくの新車なのですから、もうこれ以上ないっていう状態にしたいですよね。

下地処理を終えたボディはクリア感が増し色の深みも増した艶感となり、新車を越えた美しい状態へと生まれ変わりました。その次に行うのはコーティングです。コーティングは艶、輝きをさらに一段増す効果があります。清潔感溢れたパールホワイトが、よりクリアで美しく映えるようになりました。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

さらに今回、とても上質感あふれる内装(ホワイトレザー)のシートコーティングも行っております。当グループのシートコーティングは、防汚力、対擦り保護力に優れています。シートは体がじかに触れ、汚れやすい部分ですから、手軽に手入れが出来るシートコーティングは大いに力を発揮します。

シート2-1

シート2-2

シート2-3

シート2-4

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工車内・シートクリーニングシートコーティング