- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

ポルシェ・ケイマン

神奈川県横浜市からお越しのお客様

完全新開発が行われたターボ付き4気筒エンジンへの換装された718ケイマン。今回から、ボクスターと同じ出力値が与えられ、ベースグレード用は300ps、Sグレード用は350psと、エンジンは統一されました。NA6気筒の旧型では275psですから、2気筒減ってしまってもパワーは上がり、早くなおかつエコになっています。ダイナミックで刺激的なドライビングを愉しむために作られた最新の718モデル。少し大きくなった911よりも、むしろポルシェらしさを感じさせる、新たな伝統を刻むにふさわしいモデルになりそうです。


今回ご入庫頂いたお車ですが、納車から1年程経過したお車で全体的に傷が見られました。弊社で使用しているコーティング剤の効果を100%引き出すために、塗装面のクリア化、平滑化をするための下地処理が重要となります。どんな素晴らしいコーティング剤があったとしても、下地が整っていないのでは、荒れた肌に化粧をするようなもので、その効果を存分に発揮することはできません。そこで、入念かつ慎重に下地処理を施し、ドイツ車の硬い塗装に映り込む光のボケを解消し、ボディ本来の美しさを引き出します。

下地処理完了後は、光の映り込みや艶感がぐっと上がるのがわかります。まず最初に興奮する瞬間ですね。

下地処理が完了したあとに行うの工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きをさらに一段増す効果があります。保護力、防汚力がアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

また、ある程度洗車傷が増えてきたとしても、メンテナンス施工というリフレッシュコースで、綺麗な状態に戻すこともできますので、気軽にご相談いただけたらと思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング