- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

トヨタ・クラウン

大和市からお越しのお客様

一昔前の話となりますが、一般庶民の目指す高級車の最高峰と言えば、クラウンだったのではないかと思います。「いつかはクラウン」というキャッチコピーが示すように、いつか俺もクラウンに、という憧れの高級車でした。ちなみに、うちの親父は日産派でしたので、セドグロでした(笑)

Youtube で「いつかはクラウン」で検索すると、懐かしいCMが出てきました。あのモロボシダンも出ていたんですね。色々驚きの発見があります。

と、全然関係のない話に飛んでしまいましたが、やはり日本専用車と言うだけのことはあって、日本の道路を走ることを考えると、クラウンっていいなと素直に感じることが多々あります。大きすぎない(と言ってもやはり立派なサイズですが)サイズと、程よい足回り、ストップ&ゴーの多い道路事情にあったパワー特性、滑らかな走り……。良さを上げたらキリがありません。これからも、日本の高級車として、その王道を貫いて欲しい、まさに伝統の一台と言えるでしょう。

さて、今回ご依頼いただいたこちらのお車は、それなりに年数の経過した経年車でした。黒の経年車ということでどうかなと思いましたが、実車が入庫すると、予想を超える、びっしりとボディを覆うスクラッチ(小傷)。こりゃ厳しい戦いになるなと、容易に想像が出来ました。

ということで、まずは下地処理からスタートします。ボディ表面を丁寧に磨きあげ、黒いボディであっても磨き跡(オーロラマーク等)を残さないように仕上げていくと、スクラッチが綺麗に解消され、トヨタ高級車の特徴ともいえる極上の塗装状態が蘇ってきました。元々塗装のクオリティで言えば最高峰と言えるクラウンですから、ボディの傷みが解消され、とても美しい状態に蘇りました。

下地処理が完了したあとに行うの工程はコーティングです。美しく生まれ変わったボディの状態を維持しやすくし、艶、輝きをさらに一段増す効果があります。保護力、防汚力がアップするので、この状態をより長く維持しやすくなります。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

また、ある程度洗車傷が増えてきたとしても、メンテナンス施工というリフレッシュコースで、綺麗な状態に戻すこともできますので、気軽にご相談いただけたらと思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティング窓ガラス撥水加工