- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

BMW・M2

東京都からお越しのお客様

ここのところのM3やM4は進歩が凄まじく、その高性能化により、もはやスーパースポーツ級のパフォーマンスを実現しています。それはもちろん素晴らしいことなのですが、もう少し現実的な程よい範囲のパワーで(値段的にも)楽しむことが出来る車として登場してくれたのが、このM2ではないでしょうか。サイズやスペックを確認すると、かつての名車、E46のM3の後継車といった感じなのかもしれません。程よいと言っても、日本の公道を走ることを考えれば十分にハイスペックなのですが、車と一体になって走る快感、BMWの提唱する『駆けぬける歓び』を堪能できる車、それがこのM2なのかもしれません。

さて、こちらのお車は納車間もなくお持込いただいた新車です。ボディカラーは、「ロングビーチブルー」というカラーです。M2のカタログカラーのようですね。とても綺麗な青です。塗装状態を確認すると、多少のボケと、少々の拭き傷、そして磨き跡(オーロラマーク)が所々にありました。この辺りは輸入車の宿命なのでしょうか……。青は、こくなればなる程、色の特性として黒に近づくため、実はけっこう小傷とかは見えてしまう色です。このロングビーチブルーは、その一歩手前と言った感じで、まだ手入れはしやすそうではありますが、気をつけるに越したことはありません。

いずれにせよ、まずは塗装面の状態を整える下地処理を施します。下地処理により、ボディ上の小傷や磨き跡を解消し、塗装面の平滑化してボケやくすみをすっきりさせて、よりクリアで映り込みがくっきりする美しいボディへと生まれ変わらせていきます。下地処理は塗装面の美観向上のみならず、塗装表面の様々な余剰成分を一掃し、塗装面を丸裸にしてコーティングの食いつきを良くするための下準備ともなります。

下地処理を終えたボディは、クリア感が増し、映り込みも良くなって濡れたような艶感となり、この美しい青を引き立たせる状態へと生まれ変わりました。。次に行うのはコーティングです。艶、輝きをさらに一段増す効果があり、青の鮮やかさをより強調します。加えて保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2018年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工