- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

YAMAHA・YZF-R1

横浜市からお越しのお客様

ヤマハ発動機は、ヤマハ株式会社の前身である日本楽器製造から1955年に二輪製造部門が分離・独立して設立された会社で、同社のバイクは、ロードレースの最高峰MotoGPをはじめとする各種二輪レースに参戦し、多くの優秀なリザルトを獲得してます。
今回のヤマハYZF-R1は、ヤマハ発動機が1998年に初代を発売開始した4ストローク大排気量のオートバイで、中型車並の車重に最高クラスのエンジン出力、鋭角的なデザインが話題となり、スーパースポーツブームの火付け役となったモデルなんだそうです。少し手を入れればレースでも走行することができるハイパフォーマンスマシンですので、私が乗ったらスロットルを開けた途端にバイクだけがぶっ飛んで行ってしまうなんてことになりかねません。

さて、こちらのバイクは納車間もない新車の状態でご入庫いただきました。塗装された面は小傷は少なめで良好でしたので、ボケ解消、艶出しのための下地処理を行いました。バイクはポリッシャーで磨けない部分が多く、それらの部分は丁寧に手で磨き上げました。また、下地処理は塗装面の美観向上のみならず、塗装表面の様々な余剰成分を一掃し、塗装面を丸裸にしてコーティングの食いつきを良くするための下準備ともなります。

下地処理を終え、新車を越えた美しい状態へと生まれ変わった車体に対して、次に行うのはコーティングです。艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力のアップにより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。バイクには露出した樹脂製部分も多く、コーティングにより黒い部分を更に際立たせる効果もあります。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡ししておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング