- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

BMW・R1200RS

神奈川県川崎市からお越しのお客様

『RS』とはドイツ語の『Renne Sport』に由来しているそうで、訳せばレーシングスポーツという意味なんだそうです。ただ、このマシンはもちろんレーシングマシンではなく、スポーツツアラーとしてのモデルとなっております。スポーツとツーリングを楽しむには程よい大きさとなっていて、バリバリに効いた電子制御は、一般のライダーにとっては楽しみを阻害するというよりもむしろ、適切なサポートを随所に施してくれるようです。しかも市街地での走りにもストレスを感じさせない、オールマイティな汎用性の高いマシンに仕上がっています。

さて、今回お預かりしたこちらのバイク、新車状態でお預かりし、全体的に比較的状態は良好でした。しかし、塗装面のボケは若干見られ、下地処理を加えることにより塗装自体の質感がランクアップしました。バイクは非常に細かいパーツの融合体なので、ポリッシャーと手磨きを使い分けながら、細部に至るまで丁寧に仕上げました。バイクの施工には、車とは違った繊細な作業を要求されますが、その分変化に富み、面白くもあります。

下地処理の次はコーティングを施します。艶感をさらに一段上げるだけでなく、保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。また、塗装部やメッキパーツ以外にも、未塗装樹脂部やエンジンの冷却フィンに至るまでコーティングを施し、車体全体の保護を行います。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。艶消し部分に対しても、程よい質感の向上につながります。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年
施工内容:
リボルト・プロバイク ガラスコーティング