- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

トヨタ・ハリアー

東京都からお越しのお客様

1997年に初代ハリアーが登場してから今年でちょうど20年。人間でいえば成人式を迎えた新成人ということになります。今年の6月にマイナーチェンジとなった3代目ハリアーは、国産車高級SUVの名に恥じない堂々たる風格と、若々しい清潔感を持ち合わせた名車と呼ぶに相応しい車であると思います。さすが20年の間マーケットの中心に居続けた車は違うなと、実車を拝見するたびにそう感じます。

今回ご依頼いただいたこちらのお車は、納車間もない新車でお預かりいたしました。ボディーカラーは明るめの青(ダークブルーマイカメタリック)です。ダークブルーという名前ではありますが、光を当てると暗さよりは『明るさ』を感じさせる深みのある鮮やかで美しい青と感じました。もちろんその鮮やかな青は、当店の丁寧な下地処理技術にて塗装面を平滑に整えることにより、より際立ちます。

下地処理による整えられたボディが仕上がって初めてコーティングを施すステップに移ります。使用しているコーティング剤は、艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力がアップする、当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

施工時期:
2017年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工