- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト川崎

新車の傷

あまり嬉しくない話題かもしれませんが、新車のトラブル事例について紹介いたします。

今回ご紹介するのは、ディーラーさんから納車されて、そのままその足でご入庫いただいたお車の事例です。

一般的に、新車というと、どのようなイメージを持たれますでしょうか? 当然、一番綺麗な状態、この世で一番美しい状態が新車と思われると思いますし、オーナー様も、それを期待して新車を購入されるのだと思います。そうでなければ、程度のいい中古車を探せば十分なわけですから。

でも、そんな新車でも、絶対に多少の磨き傷や洗車時の拭き傷とうはあります。工場からオーナーへ直に車が運ばれてくるわけでは無いため、多少は仕方がないかもしれません。特に、輸入車ともなれば、長い距離と時間を経て日本に運ばれてくるため、国産車よりもそのリスクが高くなります。

しかし、こちらの新車はボディ全体が小傷で覆われてしまっておりました。流石に、これを新車と呼ぶには少々無理があるように感じます。急遽、ディーラーの営業の方に状態を確認していただき、傷を除去する費用を一部負担していただきました。

施工後は傷もすっかりなくなり、塗装肌の艶感、クリア感もましたので、新車以上の状態に生まれ変わりました。

※入庫直後、傷だらけの状態です。

ハスラー-キズ1

ハスラー-キズ2

※施工後、綺麗になった後の状態です。

ハスラー-7

そんなに多くある事例ではありませんが、このような事があったとしても、新車以上の状態に復活させ、新車の美しさを存分にご堪能いただけるよう、お手伝いいたしますので、不安な方は一度ご相談いただきたいと思います。

トピックスのご紹介