スタッフによるコーティングのうんちく

リボルト川崎店の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、
気になったことを気まぐれに綴っていきます。→ 永久保存版です(笑)

LED照明の導入 Part1

今までも、コーティングをするにあたり、照明設備の重要性はお伝えしてきました。細かな傷や、磨きムラ(オーロラ)、コーティングムラを残さないようにするためは高輝度照明が必要でした。当店では、壁面には150Wのバラストレス水銀照明、天井には100Wレフランプ、250W水銀照明がありました。今まではこれで十分だったのですが、時代はどんどん進んでいきます。そうです。今の先端照明技術はやはりLEDです。

LEDのメリットとしてはみなさんご存知だと思いますが、消費電力が低いということがあります。1/4~1/5くらいの消費電力になります。従来のように熱の発生もほとんどありません。耐久年数が40,000時間です。単純に計算しても1日8時間付けていて、約14年は大丈夫ということになります。

では、コーティング業界としてはどうかというと、上記のメリットはもちろんですが、光の直進性に優れているため、光源から届く光量が明らかに大きいです。そのため、従来の照明に比べると、車のボディを明るく照射します。それは、作業性に優れますし、クオリティを上げるには最大のメリットとなります。

もう一つのメリットとしては、従来の照明が若干ボケたような感じになるものが、LEDではシャープに映し出されます。色の再現性にも優れますので、塗装本来の色をより忠実に再現できるということになります。分かりやすく言うと、テレビが従来のアナログ放送から地上波デジタル放送に変わったくらいの衝撃的変化です。

コーティング業界にとってはメリットばかりのLED照明ですが、一番のデメリットといえば、費用です。明らかに高いです・・・(汗

といっても、数年前よりは値段も落ちてきていますので、今回、川崎店と湘南店では、LEDの全面的な導入を決めました。すでに工事に入っています。来週には完了できると思います。

一部工事が終わっているところがありますので、アップしますね。

従来の150Wバラストレス水銀照明の代わりになります。
消費電力18.8Wです。かなりの省エネになります(笑)
LED壁面


天井のレフ100Wの代わりになります。
こちらも消費電力18.8Wです。
LED天井


車のボディに映るLED照明とレフ照明の違いです。
LEDが左です。明るさに差があるのと、シャープさが表現されます。
LED比較


従来の移動作業用の照明もLED(18.8W)に変更しました。これ、かなり使えます。熱を持たないので、間違ってやけどすることもありませんし、熱くて落とすこともありません。もちろん、高輝度ですので、傷・オーロラばっちしです。
LED作業灯


蛍光灯もすべてLED蛍光灯に変更です。従来のボケた感じの蛍光灯ではなく、
明るくシャキッとした光量が作業スペースを快適に照らします。
形状は蛍光灯ですが、LEDなので中身は全くの別物です。
蛍光灯LED


そして、これが最終兵器です(笑)宇宙戦艦ヤマトの波動砲です(爆)
従来の250W水銀照明の代わりとなる大型LED照明です。
これメチャクチャ高いです・・(汗  安い中古車が買えちゃうくらいです(笑)
しかし、クオリティと省エネのため、導入しました。
大型LED


これからも、技術の進化とともに、歩んでいきたいと思います。

【LED照明Part2ページ】では、大型LED照明工事後のレポートを載せてあります。