スタッフによるコーティングのうんちく

リボルト川崎店の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、
気になったことを気まぐれに綴っていきます。→ 永久保存版です(笑)

完全硬化型のガラスコーティング

担当者コメント:プジョー307SWの入庫です。最近プジョーを見かけることが多くなりましたね。実は私の兄もプジョーに乗ってます(笑)。プジョーのディーラーも近所に出来ましたし、これからの日本市場に対してかなり力を入れているのが分かります。当ショップでもプジョーの施工が増えておりますし、もっともっと身近になってきそうです。

さて、お車は納車間も無いということでしたが、そこは輸入車によくあるように、磨き傷が多数ありました。新車と言えども、欧州から船便で時間をかけてやってきます。その間に雨も降りますし、風も吹きます。砂・埃汚れもどんどんつきます。特に船から下ろされてからは、ほとんど屋外のモータープールに置かれるのが常です。そのような汚れた状態にしておくことは出来ませんので、適宜洗車をしたり、ポリッシングをします。その過程で様々な洗車傷が付いたり、磨き傷が付きます。一般的に、ディーラーさんなどが行う上記のような洗車や、ポリッシング(磨き)については、あまり程度が良くありません。まぁ、ディーラーさんは車を売るのが仕事で、磨くのが仕事ではありませんので、しょうがないといえばしょうがないのかもしれません。

ただ、お客様にしてみれば、新車を買われたのですから、それなりのクオリティを保ったままでお客様の元に届けられるのが嬉しいですよね。

今回のお車は新車でありましたが、下地処理については、しっかりと施工させていただきました。新車といえども、上述のように、洗車傷や磨き傷が多数ありましたので、これらは全て除去させていただきました。

完璧に仕上げられた下地処理の上からは完全ガラス被膜+ガラス繊維素の2層コーティング。この完全ガラス被膜というのは、完全硬化型のガラス被膜です。この完全硬化型のガラス被膜のコーティングは、よく通販や大手カー用品ショップで売っているガラスコーティング剤とは違うタイプのものです。 大手カー用品ショップで売っているガラスコーティング剤は完全硬化しませんので、一般の方が洗車時に塗っても特に大きな問題にはなりません。普通のワックスと同じ感覚で塗れます。ただ、クオリティはそれなりと言わざるを得ません。

しかし、完全硬化型のガラスコーティングは、コーティング直後からどんどん硬化し始めていきます。ですので、何も知らず素人の方がコーティングした場合、ザラザラの最悪な仕上がりになってしまいます。その最悪の仕上がりのまま、ガラスは完全硬化してしまいますので、落とすことが困難です。除去するには再度磨く必要があります。

しかし、この完全硬化型のガラスコーティングは適切なやり方でコーティングをすると、ガラス特有の艶と輝き、保護性能は、大手カー用品ショップで販売されているガラスコーティング剤とは、比べ物にならない程の別格の高クオリティとなります。完全に硬化していますので、すぐに剥がれたり取れたり、溶けたり、割れたりすることはありません。

仕上がりは、明らかにボディの上に1枚ガラスの被膜がのっていると実感できる仕上がりです。その艶と輝きは量販ガラスコーティング剤では実現できない領域と言っても過言ではありません。

今回のプジョーはボディカラーがブラックということもあって、その艶は妖しい色に光っていました。お客様のO様にも大変喜んでいただき、嬉しい限りです。

今後は洗車の基本をしっかりと抑えていただければ、いつまでもこの艶、輝きを堪能していただけると思います。この度はご用命、まことにありがとうございました。

完全硬化型のガラスコーティング1

完全硬化型のガラスコーティング2