悩めるお客様のお車

他社さんでコーティングされたお客様です。

ハリアーのご入庫です。

お客様はお知り合いの紹介で、あるショップでのコーティングをされたそうです。
仕上がり時、ショップ内には蛍光灯しかなく、はっきりとボディ状態を確認は出来なかったそうですが、どうも艶がおかしいということで、当ショップにお越しになられました。

実際に、高輝度照明下で見てみましたら、このような状態になっていました。

バフ傷とオーロラの嵐でした。私もコーティング施工直後でこんな酷い状態のものは初めて見ました。ふ~む、これでお金をもらうなんて事は常識を持っている人ならば絶対に出来ないですよ。お客様が可哀相過ぎます。

ハリアー1

ハリアー2

ラディアスでは、こんなことは絶対にありませんので、ご安心くださいね。

ディーラーコーティングの弊害(バフ傷)について

TTクーペのご入庫です。
こちらのお客様は、鳥取からわざわざお越しいただきました。
遠いところから本当にありがとうございます。

TT-2

お客様はディーラーでコーティングした際に、バフ傷をグリグリに付けられてしまい、クレームに出されたそうです。直ってきたはずのボディを見てもほとんど変化が無いので、2回目のクレームに出されました。その際に、ディーラーは違う業者に変えて磨きなおしたそうです。それでも、まだ磨き傷が残ってしまい、再度クレームに出されたそうですが、ディーラーさんには「黒だとここまでしか仕上げられません」と白旗を上げられてギブアップ。

お客様は大切なお車ですので、納得できずいろいろなコーティングショップを探されて、数ある中から当ショップを選んでいただきました。

結局はディーラーで施工するコーティングというのは、ディーラーで行うのではなく、下請け業者に出張でやらせます。ですので、コーティングの作業環境はディーラーでの整備工場の一角で行います。密閉されていない作業所、なおかつ高輝度照明がありませんので、こういうバフ傷も完全に見えないのです。見えないので除去することも出来ません。

ディーラーは確かに信用がありますが、彼らの本業は車販売です。コーティングはちょっとした副業にしか考えていません。我々のようなコーティングを生業としているところと比べて、私たちはその作業クオリティで全く負ける気がしません。

【こんなバフ傷がボンネットとドアに多数ありました】
照明の周りにある回転痕がマシンによるバフ傷(磨き傷)です。
TT-1

ディーラーオプションコーティングについては【こちらのページ】にも詳しく記載しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

ディーラーコーティングにつきましては、今までも何十人ものお客様から、そのクオリティにつきまして、ご相談いただいておりますので、何か心配や不安などある方は、お気軽にご連絡くださいませ。

【このTTクーペの施工ギャラリーはこちらにをご覧ください】

1年前に他社ガラスコーティングをされたお客様のお車(イオンデポジット)

1年前に他社さんにて完全硬化型のガラスコーティングをされたお客様のお車がご入庫されました。入庫後、当ショップの高輝度照明で見て、私は唖然としました。
ボディ全体にはイオンデポジット(ウォータースポット)が多数付着しており、オリジナルの日産のスーパーブラックカラーがシミによってグレーっぽいブラックになってしまっておりました。

イオンデポジットだらけの車

完全硬化型のガラスコーティングは、ガラス被膜が完全硬化する際に空気中の酸素と水分を取り込みながら硬化します。そのため、完全硬化する前に長時間水分がボディ上に存在してしまうと、その部分が、多くの水分を取り込んでしまい、硬化速度が変化し、イオンデポジット(シミ)を作ってしまうというのが主たる原因です。

そのため多くのガラスコーティングショップは、施工後1カ月間は雨には濡らさないで下さいと言います。しかし、そんな事ってかなり大変じゃないでしょうか?外の駐車場に置いてあれば、どうしても雨には濡れてしまいます。施工後、梅雨前線や台風、秋雨前線が来てしまったらどうすればいいのでしょう?? また、1か月経ったとしても、長い時間雨が降ってしまうと、上記1か月以内の時ほどではないにしろ、イオンデポジットは出来やすいです。

そもそもシミの出来やすいガラスコーティングとは一体なんなのでしょうね?(笑) 
お客様のメリットって、そこにはあるのでしょうか?

当ショップのリボルトシリーズは、独自に研究開発されて生み出された商品です。施工直後に雨に濡れても全く問題はございません。他社ガラスコーティングに比べて、通常の雨によって出来てしまうイオンデポジットが付きにくいガラスコーティングとして製作・開発されております。

ボンネットに幽霊が・・・(笑)

M5のご入庫です。お客様のO様は事故に会われてしまい、ボンネットをディーラーにて新品に交換されたとの事です。

ですが、新品のはずのボンネットには幽霊・・・ではなく(笑)、オーロラーマークがバッチリとありました。O様はディーラーに新品なのだから除去して欲しいと要望されたそうですが、ディーラー曰く「黒いお車はこんなものです」と一蹴。

O様は泣く泣く、当ショップにお越しいただきました。

オーロラ1

オーロラ2

全くディーラーにも困ったものです。新品のボンネットに、なんでこんなオーロラマークを付けてしまうのでしょうね??? 付けてしまうだけでなく、除去出来ずに開き直ってしまうとは、お客様が可哀想です。

もちろん、この後、当ショップにてしっかりとこのオーロラマークは除去し、コーティングさせて頂きました。お引き渡しの際にはO様にも大変喜んでいただくことが出来ました。

黒いお車でもしっかりと施工させて頂きますのでご安心下さいませ。