施工にあたり

◆コーティングのメリットとは施工後の美しさだけを言うのではありません。施工後お客様ご自身が洗車をされても、簡単に汚れが落ち、艶と輝きが長期間維持することです。
ラディアスで提供しているリボルトシリーズは仕上げの美しさばかりにとらわれることなく、長期間その美しさを維持できるように独自に開発改良されております。

高度な下地処理技術【Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム】

私たちコーティングショップの主な作業は以下の2工程です。

(1)ボディの塗装表面の下地処理(汚れ落とし、磨き等)
(2)コーティング塗布処理

もちろん、上記以外にも細かな作業はあるのですが大きく分けると上記の2工程です。

作業にかかる時間としては、下地処理が約7割で、コーティング塗布処理が約3割です。
つまり、コーティングというのは、下地処理に多くの部分を依存するのです。

この下地処理というのは、お車のボディ表面上の塗装を磨く事(ポリッシュ)です。この磨く技術というのがショップ施工者により様々です。磨くマシン、バフ、コンパウンドの組み合わせの中から、そのお車の車種、年式、色に応じたベストな選択をする必要があるからです。

下地1

リボルトグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

適当に磨けば綺麗になるという程、生易しいものではありません。長年の経験と知識、技術ネットワークによって支えられたものなのです。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがラディアスの高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」となります。一般の個人コーティングショップでは簡単には真似が出来ません。

リボルトグループでの最上級コーティングである【リボルト・プロ】では「Revolt adjust system」の特徴である、最小限の磨きで最大限の美しさを引き出す技術を使った上で、十分な膜厚を確保出来るガラス被膜をコーティングしますので、お車の塗装膜厚は、マイナスではなくプラスへと持っていかれます。

いたずらに磨きまくっている従来の下地処理技術とは次元が違う技術なのです。
その高度な下地処理技術に【リボルト・プロ】の圧倒的な膜厚が加わりますので、その効果の程は、お客様の期待を大きく上回るものとなります。


◆リボルトグループの「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」が更に大きく進化いたしました。

【新研磨技術 New Revolt Adjust System】

◆最近にNewリボルト・プロがリリースされましたが、下地処理技術も大きく進化いたします。コーティングというのは、ハイクオリティな下地処理が大切で、美しい下地があればこそ、コーティングの美しさも際立ってきます。この両者のバランスこそがラディアスの強みであります。

リボルトの高度下地処理技術【Revolt Adjust System】の目指すところは・・・

「最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる」というところです。

従来の下地処理技術というのは、粗い磨きから始まり、いくつもの工程を経て、細かな仕上げ磨きで終わります。もちろん、美しさという点ではこの技術には不満はありません。

ただ、リボルトグループの目指すのは、「最低限の下地処理」というものです。

何工程もの下地処理というのは、結局は塗装にその都度負荷をかけながら磨いていくということになります。磨くと言うのは、コンパウンドを使って負荷をかけ、熱をかけて磨いていくことです。これを、何工程も行う事が塗装に優しいわけはありません。

リボルトグループでは、このデメリットを克服するため、次世代の研磨技術を導入いたしました。

基本的には簡易工程にて、傷・シミ取りから仕上げまで行う研磨技術です。
専用のポリッシャーマシンとコンパウンドの使用、特別な研磨技術により実現可能となりました。

従来の懸念であったバフ傷やオーロラマークの残存も心配無用です。

revolt-adjust-system

従来の一般的な下地処理というのは、3μmの深さの傷を除去しようとすれば、塗装を3μm磨かないと不可能でした。しかし、深い傷を除去しようとすればするほど、塗装を深く磨き削り落とす必要がありますが、ボディの保護という観点では必ずしもそれはお車にとっては良いことではありません。

進化した高度下地処理技術 New 【Revolt Adjust System】では、3μmの深さの傷を除去するのに、3μm磨かずに、傷を除去する新しい技術です。

???ってな感じですが、新しい研磨技術により可能なのです。
何かを埋めて除去するということでもありません。

まさに「最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる」ということになります。

従来のポリッシャーマシンではこの技術は実現不可能です。
また、コンパウンドも従来のコンパウンドとは違う製法により作りだされたものを新規導入いたしました。

これらのコラボレーションにより、高度下地処理技術 New 【Revolt Adjust System】が進化を遂げました。

ちょっとした検証をします。

昨日ストリームがご入庫されたのですが、かなりの傷&シミが多くありました。

ストリーム1

ストリーム2

従来の研磨技術ですと、こういう塗装状態では、粗いコンパウンド&ウールバフから磨き始め、細かなコンパウンド&ウレタンバフ→仕上げ磨きというような段階を踏んでいました。磨くためのポリッシャーマシンも強いものから仕上げのものというように、3種類くらいを使います。

従来ならば3~4工程必要だった、研磨を基本的には1工程だけにて、傷・シミ取りから仕上げまで行います。

分かりやすいように、半分だけを「Revolt Adjust System」で処理いたしました。1工程だけで、こんなに変わります。また、これですでに仕上がっているのです。オーロラマークもバフ傷も無縁です

ストリーム3


もちろん、最後には、全面を処理いたしましたので、綺麗になりました。

【New Revolt Adjust System】はお車に優しい研磨技術なのです。

ストリーム4


また、磨く作業には設備や環境も大きく関わってきます。外気とシャットアウトされた室内空間、バフ傷やオーロラマークをうつし出す高輝度照明は必須設備です。

【半分だけ下地処理をしてみました】
下地2

蛍光灯しかないような作業所や吹きっさらしの整備工場の一角などは論外です。
そのような設備環境下では、それなりのクオリティにしか仕上げることは出来ません。

【250Wの高輝度・大型照明】
高輝度・大型照明

リボルトグループ全店では、最低でも外気と密閉された室内と高輝度照明は完備しております。安心して、施工をお任せ下さい。

コーティングの施工方法(手塗り&スプレーガン)

コーティングの施工方法につきましては、一般的には手塗りとスプレーガン(ガン吹き)のどちらかにて行われていることがほとんどです。この両者のメリットとデメリットは以下となります。

【手塗りコーティング】

コーティング剤をスポンジやクロス、ポリッシャーマシンなどに付けて、塗っていく方法です。このメリットとしては、仕上げの拭き上げさえしっかりと行えれば、ガラス濃度が濃いままでのコーティングが出来るので、ガラス被膜の膜厚を厚く確保することが可能です。つまり耐久性・硬度・艶・輝きが増します。

手塗り1

また手塗りコーティングの他メリットとしては、ガラス被膜の膜厚が十分に確保出来るため、樹脂などの未塗装部分へコーティングすることで、酸化劣化を長期間防ぐことが出来ます。しっとりとした艶のある黒い状態のままを維持できます。もちろんそれだけではなく、すでに酸化劣化して白くなってしまった樹脂パーツに対しても、手塗りコーティングすることで、見事に黒く復活します。これはスプレーガンコーティングでは不可能な事です。ガラスの被膜の膜厚が十分に確保される【リボルト・プロ】で、この効果は絶大です。

樹脂部分コーティング1

樹脂部分コーティング2


【スプレーガンコーティング】

エア・スプレーガンでコーティングすることのメリットは、より細かな部分への均一なコーティングが可能になります。デメリットとしては、ガラス濃度が濃いと、スプレーガンの噴射時に吹き出し口で詰まりやすくなるため、ガラス濃度を低くする必要があります。低くすることで、ガラス被膜の膜厚が確保しにくくなります。コーティングの被膜の厚さを確保するためには、スプレーコーティングはデメリットが多くなっています。

エアガンコーティング

上記コーティング施工方法のうち、やはりリボルトプロのコーティング被膜の厚さを確保することがお客様へのメリットにつながりますので、手塗りでのコーティング施工が主流となっています。

リボルト・プロについて

徹底したボディ塗装表面への下地処理とラディアスグループにて独自に徹底研究開発された完全ガラス被膜コーティング施工により生み出される最高級のガラスコーティングです。そのため、施工日数は3日間前後頂戴しております。お客様に最高の品質を提供するためには、短期間ではどうしても無理なのです。その代わり、別格のハイクオリティ・品質をご体験下さい。
絶対的なクオリティを最優先に独自に研究開発いたしました。
その輝き・艶・ガラス被膜の圧倒的な膜厚に必ずや感動して頂けると思います。

そのような理由のため、【リボルト・プロ】は短期間では施工出来ない事、ご理解頂ければ幸いです。
短期間での施工可能なコースは新車向けの【リボルト・ライト Non Polish】が半日、【リボルト・ライト】も1日間、【リボルト】が2〜3日間となっております。
お客様のご要望・ご予算に応じた各コースを取り揃えておりますので、ご検討頂ければと思います。
上記各コースは作業性よりもクオリティを最重要視しているため、他のカーコーティング一般施工店では取り扱えません。徹底された教育・研修・実技指導を受け、経験豊富なマイスターのいるラディアスグループでのみ施工可能となっております。


【リボルト・プロ】で実際にガラスコーティングする完全ガラス被膜
高純度ガラス被膜
上の画像は当社の【リボルト・プロ】でコーティングされる高純度ガラス被膜です。
見やすくするため、固形にて硬化させた後、割っています。実際にコーティングするときには、ボディに完全に定着させ、変形に柔軟に対応・追随しますので、割れたり、剥がれたりする事はありません。ご安心を。この高純度ガラス被膜は、ラディアスグループにて独自研究開発されたもので、その輝き・艶・膜厚の点で別格の領域に達しています。

コーティングには最新型短波型赤外線乾燥機を使い、焼付処理を行います。
3灯式短波型赤外線乾燥器による焼付
従来の中波型と比較すると最新型の短波型は表面からだけではなく、内側からも十分に加熱することが出来ますので、ガラス被膜の均一硬化が実現出来ます。

これによって、ガラス被膜の耐久性向上や、ダメージ軽減効果が得られ、ガラスコーティング特有の水・雨によるイオンデポジット(水シミ)を従来比にて大きく軽減させます。

ゲレンデ4

おすすめの方は?

新車購入予定の方、もしくは購入したばかりの方におすすめです
新車の美しいままのボディをガラスコーティングで包み込みますので、新車の輝きが長期間にわたって保たれます。ですので、施工後は新車時以上の艶と輝きを持つようになります。
新車時の施工はかなりおすすめですよ!

中古車購入の方、もしくは購入したばかりの方にお勧めです
ガラスコーティングの施工前にボディへの下地処理を行います。下地処理とは既存の小さな傷や、塗装面の曇りなどを除去するためのボディ塗装への磨きです。劣化酸化して、小さな傷だらけの塗装を調整し、ピカピカの状態にしてから、ガラスコーティングを行います。下地処理によって塗装は新車時のように生まれ変わります。
当ショップでは下地処理での磨きに重点を置いて施工しております。磨き傷(バフ傷)などが残らないハイレベル・ハイクオリティの施工を心がけております。

今乗っている車を新車のように光り輝かせたい方にお勧めです
新車時にはピカピカだったのに、数年乗っていると、塗装面が色あせてきてしまいます。そのようなボディ塗装面に下地処理(ボディ磨き)を行い、ガラスコーティングをすることで、塗装面を新車以上に生まれ変わらせることも可能です。

忙しくて洗車に手間隙かけられない方におすすめです
車はきれいにしたいけれど、忙しくてなかなか洗車に時間がかけられない方は、かなり増えていらっしゃいます。ガラスコーティング施工後の車は、お車が汚れたときに行う洗車だけで汚れは簡単に落ちていきます。またカーワックス(WAX)は不要ですので、手を汚す心配もありません。時間をかけずに長期間お車の輝き・艶が保持されます。通常洗車だけで汚れがみるみる落ちるので、洗車が楽しくなりますよ。ガラス被膜がコーティングされますので、被膜は長期間に渡って保持されます。すぐに取れるようなことはありません。

施工車種について

ガラスコーティング施工にあたり、施工車種は日本車ではトヨタ、日産、ホンダ、スバル、三菱自動車、スズキ、ダイハツ、いすゞ、マツダまで全てのメーカーでの施工が可能です。外車では、ベンツ、BMW、ジャガー、フォルクスワーゲン、ポルシェ、ボルボ、アウディ、プジョー、シトロエン、ミニ、ダッジ、アメ車、ロールスロイス、フィアット、フェラーリ、マセラッティなど幅広く可能です。

施工お申込・お問合せ時にお客様の車種をおっしゃって下さい。

施工エリアについて

当ショップは神奈川県の川崎市中原区に店舗を構えておりますが、営業エリアとしては神奈川県川崎市のお客様を中心に、東京都世田谷区、大田区、港区、渋谷区、品川区、目黒区など東京都近辺や横浜市港北区、都築区、鶴見区、青葉区、緑区、府中市、狛江市、調布市、立川市、八王子市、青梅市などのお客様にも施工させていただいております。店舗へは第三京浜の川崎インターからお車で5分です。府中街道近くとなります。電車ではJR南武線の武蔵中原駅から徒歩15分となります。ガラスコーティング施工はぜひ当ショップへ!!


大きな地図で見る

代車について

施工内容によって、数日かかることもありますので、代車(無料)はご用意しております。お気軽にお申し出下さい。予約が混みいっている場合には代車に空きが無いこともありますので、お早めにお申し出下さい。