施工ギャラリー

川崎市からお越しのお客様

車名:
ホンダ・オデッセイ アブソルート
施工内容:
リボルトプロ
オデッセイー1

初代オデッセイが発売してから20年が経過した今でもヒットし続けています。こちらの5代目は全高を10センチ以上上げて室内空間を拡大させてます。スライドドアの採用で、今までのオデッセイよりもどちらかというとエリシオンに近い形になっているのではないでしょうか。個人的には標準車が好みですが売れているのはアブソルートで、街中でも見る機会が多いです。先日、高速道路で北米モデルのオデッセイを見かけましたが、日本では持て余しそうな位のサイズで、全長、全幅ともアルファード/ヴェルファイアよりもかなり大きいです。基本的に日本人とは体格が違うのであの位のサイズが必要なのだと思いました。

新車で購入後約2ヶ月が経過してましたが、塗装の軟らかいホンダ車なので、塗装ボケや小傷はありました。軟らかい塗装は下地処理で簡単に傷が消えてしまいますが磨きすぎないように注意しなくてはいけません。メーカーや車種により硬い塗装、軟らかい塗装、クセのある塗装と様々ですが、それぞれに合わせた磨きに対応できるのがリボルトグループの下地処理技術です。塗装の質感はコーティングに最適な状態にし、艶や輝きを引き出しました。

この状態で2層式のコーティングを施工します。艶、輝きをさらにプラスするだけでなく、防汚性能のアップ、今後の洗車を楽にします。使用するコーティング剤はリボルトグループオリジナル100%ガラス濃度「リボルト・プロ」とUVカット機能の付いたトップコートを使用し、塗装面、メッキパーツ、ライト類、未塗装の素地パーツまで塗布しましたので、外部環境からボディを守ります。

当店からお渡ししたメンテナンスキットで今後の洗車をしていただければ、長い期間この艶と輝きが維持されると思います。

この度のご用命、誠にありがとうございます。
オデッセイー7