施工ギャラリー

CX-5で御用命のお客様

車名:
マツダ・CX-5
施工内容:
リボルトプロ,ホイールコーティング,窓ガラス撥水加工
CX-5-1

以前は、当店におけるマツダ車の施工台数というと、寂しいことに年に数台レベルでした。その状況をガラッと一新(しかも驚くほどに)させたのがこのCX-5でした、CX-5が登場してから、当店でも数えきれないくらいの台数を施工させていただきました。その勢いはアテンザ、アクセラへと続き、その後もCX-3やロードスターへと引き継がれています。車を単なる鉄の塊ではなく生命感のあるものにしたいとう思想から生まれた「魂動」デザインは、まさにマツダのアイデンティティを確立させるスタイルになりました。そして技術の粋を結集させた「スカイアクティブテクノロジー」で、燃費向上はもちろんのこと、"Be a driver."というキャッチフレーズにあらわされる車を走らせる喜びを提供すべく、マツダの車づくりは行われています。まだまだ熱いマツダの攻勢は続いていくでしょう。

さて、今回お預かりしたこちらのお車、これもマツダを象徴する「ソウルレッドプレミアムメタリック」というカラーで、一見普通のメタリックの赤なのですが、「鮮やかさ」と「深み」という相反する特性を両立させた特別色で、魂動スタイルと相まってボディの艶と陰影を見事に演出できるカラーとなっています。ただ一点残念なのが、マツダ塗装特有の「くすみの強さ」で、これを下地処理によりクリアにさせていく作業からスタートします。マツダ車はそのくすみの強さから、新車であっても下地処理を加えることにより特に美しくなった効果を実感できるメーカーでもあります。塗装の硬さや質はとても良いので、あとはこの質感をより一段高める作業を加えることにより、「ソウルレッドプレミアムメタリック」本来以上の魅力を引き出していきました。下地処理(ボディ磨き)は「リボルトアジャストシステム」により行い、塗装の質感を向上させつつも、塗装面への負担は極力抑えたものとしております。

下地処理により新車以上の状態に生まれ変わったボディに対して、次に行うのはコーティングです。艶感をさらに一段上げるだけでなく、保護力、防汚力のアップより、この状態をより長く維持することを狙いとしています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

この度はご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

CX-5-4

CX-5-8