板金塗装修理

◆世界中で愛され、もっとも近代的で機能的なSAICOブース。贅沢な照明、オーバースプレーを素早く回収し、ノンポリッシュを可能にする完璧な空調、効率的なヒーティングシステム等が、究極の仕上がりを追い求めるための作業環境を創り出します。

板金塗装について

当店では、板金塗装修理も行っております。コーティングショップならではの、ハイクオリティな仕上がりを実現しています。

一般的な板金塗装業者の仕上がりに比べて、コーティング専門ショップならではの最終仕上げクオリティには格段の差があります。

ディーラーや輸入車専門店などの板金塗装業者は、あくまでも板金塗装としての仕上げを行いますが、当社ではコーティングショップとしての最終仕上げを重視していますので、ハイクオリティな仕上がりを期待して頂くお客様にはきっとご満足して頂けることと思います。

【万が一、お車が事故に遭われてしまった場合には・・・】

過去に弊社にてコーティングをされたお客様につきましては、万が一事故に遭われてしまったら、まずは弊社までご連絡ください。板金塗装修理&コーティングの施工費用は事故の加害者加入の保険、もしくはお客様が加入されている保険適用で支払われますので、大丈夫です。

板金塗装の部分だけをディーラーや他の板金塗装業者にて修理されてしまいますと、トータル的なクオリティがどうしても下がってしまいます。何かあれば、まずは弊社までご連絡くださいませ。

もちろん、新規での板金塗装だけのお客さまも大歓迎です。施工料金などお客様にとってベストな選択が出来るようにご相談に応じられます。

お気軽にお問い合わせください。

設備:イタリアSAICO社製 塗装ブース

世界中で愛され、もっとも近代的で機能的なSAICOブース。贅沢な照明、オーバースプレーを素早く回収し、ノンポリッシュを可能にする完璧な空調、効率的なヒーティングシステム等が、究極の仕上がりを追い求めるための作業環境を創り出します。

イタリアSAICO社製 塗装ブース

塗料:ヨーロッパ製外資系塗料 RM
ヨーロッパ製外資系塗料 RM

フレーム修正機
フレーム修正機


多面引きに対応した床式フレーム修正機です。正確なフレーム修正で㎜単位のフレーム修正が可能で、強固な輸入車のフレーム修正にも対応出来ます。

塗装ブースについて

板金塗装というのは、コーティングと同様にハイクオリティな仕上げにはそれなりの設備が重要となってきます。とにかく格安・低料金で仕上げるというところでは、吹きっさらしの整備工場のようなところの一角で、作業を行うことも多々あります。
そのようなところで、塗装作業を行うと、塗料が散布され、隣の車に付いてしまいます。いわゆる塗料ミスト事故です。

安い板金塗装屋に修理してもらったら、ボディ表面がザラザラした状態で戻ってきた。という経験はありませんか?そのザラザラは塗料ミストです。

また、簡易性のビニールで出来た塗装ブースも問題が多いです。ビニールの仕切壁ですので、外気とは完全に密閉されておらず、塗料ミストをシャットアウトすることが出来ません。またビニールなので静電気も起こりやすく、塗料の塗装ムラが出やすくなります。

ハイクオリティを求めるならば、最低限、外気と完全シャットアウトされた塗装ブース内での作業が必須です。

当社での板金塗装はクオリティ重視でありますので、決して激安料金ではありませんが、ぼったくりでもありませんので、ご安心ください(笑)

まずは、当社までご連絡いただければと思います。


塗装ブース内での作業の様子

塗装ブース内での作業の様子
塗装ブース内での作業の様子
塗装ブース内での作業の様子
塗装ブース内での作業の様子

実際のお客様の塗装修理の模様

数ヶ月前に弊社にてコーティングされたお客様が、事故に遭われたとの事で、その修理の模様をレポートします。リボルト川崎ではガラスコーティングだけではなく、板金塗装も行っております。

リボルト川崎店では、一般的なレベルの塗装修理というのではなく、コーティングレベルでの塗装修理を行います。

今回は保険適用での修理ですので、お客様がご納得される最高品質での施工をさせていただきます。
もちろん、お客様のご予算に応じて、どこまでの仕上げを行うかという具体的なご相談も承ります。

塗装ブースは世界中で愛され、もっとも近代的で機能的なSAICOブース。贅沢な照明、オーバースプレーを素早く回収し、完璧な空調、効率的なヒーティングシステム等が、究極の仕上がりを追い求めるための作業環境を創り出します。
1325679837.jpg


今回の塗料は外資系塗料 R-M ダイヤモンドシステム
1325679849.jpg


パサートR36。ハードな走りが自慢のお車ですね。
dsc_1951.jpg


ぶつけてしまったところは、左リアフェンダーとリババンパーです。
dsc_1952.jpg


ザックリいっちゃってます。
dsc_1954.jpg


バンパー下部も擦っています。
dsc_1956.jpg


ここからは、ブース内での塗装になります。バンパーは外して、個別に塗装を行っています。
dsc_1996.jpg


マスキングは徹底しております。
dsc_2001.jpg

dsc_2003.jpg

dsc_2004.jpg


窓枠の塗装切れを防ぐため、窓は外しています。
dsc_2005.jpg


フェンダーとピラーでの切れによる塗りムラをなくすため、クリアーはピラー全部に塗ります。
dsc_2007.jpg


まずは塗料をエアガンで吹きます。
dsc_2017.jpg

dsc_2018.jpg

dsc_2019.jpg


塗料を塗ったままだと、こんな感じの艶消し状態ですから、乾燥後、クリアー樹脂を塗装します。
dsc_2032.jpg

dsc_2037.jpg

dsc_2050.jpg

dsc_2055.jpg

dsc_2056.jpg

dsc_2067.jpg


クリアー塗装は3回に分けて塗ります。こうすることで、クリアーが安定に定着します。
dsc_2074.jpg


クリアー塗装後は、艶が出て、美しく仕上がります。パネル全体にクリアー樹脂を塗装しておりますので、塗装の切れが無い、ハイクオリティをご提供出来ます。
dsc_2075.jpg

dsc_2077.jpg

dsc_2079.jpg


パネルの際もしっかりと塗装しております。
dsc_2080.jpg


塗装後は、ブース内にて、強制乾燥させて、完了です。

コーティング同様に、塗装もそれなりの時間と手間、設備に重点を置くことで、高いクオリティをご提供させて頂いております。

リボルト川崎店では、板金塗装のご相談・お見積もりの受け付けております。

事故に遭われたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。