車 ガラスコーティング

◆リボルトでは、下地処理による仕上がり直後の美しさだけではなく、時間経過後のボディの美しさ、洗車の簡易・利便性を重要視しております。

コーティングの施工方法(手塗り&スプレーガン)

コーティングの施工方法につきましては、一般的には手塗りとスプレーガン(ガン吹き)のどちらかにて行われていることがほとんどです。この両者のメリットとデメリットは以下となります。

【手塗りコーティング】

コーティング剤をスポンジやクロス、ポリッシャーマシンなどに付けて、塗っていく方法です。このメリットとしては、仕上げの拭き上げさえしっかりと行えれば、ガラス濃度が濃いままでのコーティングが出来るので、ガラス被膜の膜厚を厚く確保することが可能です。つまり耐久性・硬度・艶・輝きが増します。

手塗り1

また手塗りコーティングの他メリットとしては、ガラス被膜の膜厚が十分に確保出来るため、樹脂などの未塗装部分へコーティングすることで、酸化劣化を長期間防ぐことが出来ます。しっとりとした艶のある黒い状態のままを維持できます。もちろんそれだけではなく、すでに酸化劣化して白くなってしまった樹脂パーツに対しても、手塗りコーティングすることで、見事に黒く復活します。これはスプレーガンコーティングでは不可能な事です。ガラスの被膜の膜厚が十分に確保される【リボルト・プロ】で、この効果は絶大です。

樹脂部分コーティング1

樹脂部分コーティング2


【スプレーガンコーティング】

エア・スプレーガンでコーティングすることのメリットは、より細かな部分への均一なコーティングが可能になります。デメリットとしては、ガラス濃度が濃いと、スプレーガンの噴射時に吹き出し口で詰まりやすくなるため、ガラス濃度を低くする必要があります。低くすることで、ガラス被膜の膜厚が確保しにくくなります。コーティングの被膜の厚さを確保するためには、スプレーコーティングはデメリットが多くなっています。

エアガンコーティング

上記コーティング施工方法のうち、やはりリボルトプロのコーティング被膜の厚さを確保することがお客様へのメリットにつながりますので、手塗りでのコーティング施工が主流となっています。