バイク ガラスコーティング

◆リボルトではバイクコーティングも行っております。カーコーティングで培ったハイクオリティな下地処理とコーティング技術は既存のバイクショップではとうてい真似できない、コーティング専門ショップだからこそ出来る高度な技術です。

バイク ガラスコーティングとは

リボルト川崎ではバイクコーティングも行っております。カーコーティングで培ったハイクオリティな下地処理とコーティング技術は既存のバイクショップではとうてい真似できない、コーティング専門ショップだからこそ出来る高度な技術です。

バイクコーティングでは、下地処理後に硬化型の完全ガラス被膜+ガラス繊維素による2層コーティングで施工しております。
バイクガラスコーティングをすることで、艶と輝きが増し加えられます。汚れも通常の洗車で簡単に落とすことが出来ます。

リボルト川崎では、磨き・コーティング技術だけでなく、施工するに十分な設備を備えております。磨く際には十分な明るさの水銀照明と外気と遮断された密閉空間が必要です。明るい照明はバイクに付いている小傷・シミやオーロラマークを見逃しません。密閉空間は外気からの砂ホコリ、ゴミをシャットアウトします。
これらの条件が備わってこそ、お客様のバイクに最高のコーティングが出来るのです。

照明設備の重要性はこちらをクリック

バイクコーティングでは、タンクやカウル、フェンダーなど手塗りが出来るところは手塗りコーティングにてしっかりとガラス被膜・膜厚を確保いたします。その後、スプレーガンにてボディ全体&細かい所の隅々までしっかりとスプレー塗布いたします。手塗りとスプレーガンの両コーティングを用い、どこにも負けないハイクオリティなガラスコーティングを提供させて頂きます。ガラス被膜の膜厚は、単一方法の約2倍の膜厚を確保出来ます。今までのコーティングとは別格の仕上がりをご体験下さい。

バイク・手塗りコーティング

バイク・スプレーガン

スプレーガンバイク


コーティング後は最新式の3灯式短波型赤外線乾燥器による、焼付を行います。従来の中波型に比べると短波型は、被膜・塗装の内部まで熱が届くため、ムラの無い均一な被膜硬化が可能です。この焼付処理によって、被膜の乾燥を早めるとともに、耐久性向上や、ダメージ軽減効果が得られます。

バイク赤外線


バイクの塗装は車のそれよりも、薄くデリケートです。塗装の膜厚を経験による勘だけでなく、数値的に測定することで、リスクの軽減と一層のクオリティアップが出来ます。

塗装膜厚の計測

施工内容

【ガラスコーティング施工部分】

タンク、フロントフェンダー、カウル、エンジン、マフラー、フロントフォーク、スイングアーム、ハンドル周辺、フレーム、ホイール、ナンバープレート、ウインカー、ヘッドライト、ブレーキランプ、サイドミラー裏側など・・・

つまり、コーティングできるところは、全部施工いたします。完全硬化型のガラスコーティングはゴム類、シート、タイヤ以外のところであれば、どこでも施工可能です。


【下地処理・磨き施工部分】

下地処理(磨き)部分につきましては基本的には、上記コーティング施工部分と同一です。ただし、艶消し塗装をしている部分は、磨くことは出来ません。また、細かく小さな凹凸のある樹脂部分につきましても同様に磨くことは出来ません。両部分共に磨くことは出来ませんが、ガラスコーティングはOKです。
艶消し塗装や樹脂部分へガラスコーティングすると、しっとりとした艶のある黒に大変身して、長期間にわたり、そのクオリティが維持できます。ほんと嬉しくなっちゃいますよ(笑)

シートなど簡単に外せるものは外して施工しますが、そうでないものは外さずに施工いたします。


【新車時の下地処理・磨きについて】

リボルト川崎では、新車であっても下地処理(磨き)は行います。よく誤解されることとして、新車時の塗装が完璧であるということです。これは車もバイクも同様なのですが、工場ラインからそのままお客様の元に直行すれば良いのですが、現実としては、ディーラー・販売店に出されて、売りに出されるのを待ちます。その期間にホコリ・汚れが付けば洗いますし、砂埃が付いたままのクロスで何度も拭きます。

実際に、 新車と言われていても、傷だらけ・磨きムラ・水垢だらけという車体を嫌というほど見てきましたので、その点はお客様にもご理解いただければと思います。

そういうことで、新車といっても下地処理は行います。ただ、新車ですので、いたずらに磨きまくることはなく、塗装の膜厚を考慮した磨きを行いますのでご安心くださいませ。

仕上がったバイクは、新車時以上の輝きと艶・保護性能を備えてお客様にお引渡しいたします。 本当に新車の納車以上のクオリティになりますよ!

※コーティングというのは、下地処理(磨き)とコーティングの両方がちゃんと出来ていてこそ、クオリティがあがるものです。下地が汚いままのボディを、ガラスの被膜でコーティングしてしまうと、洗車してもその汚い部分は、ガラスの被膜が守ってしまっているので、落ちずにずっと汚いままなのです。
ですので、下地処理(磨き)は非常に大切なものなのです。

ハーレー

施工料金

★下記施工料金は参考価格となります。ハーレーダビッドソン(大型10,000円、中型7,000円、小型6,000円)と外国製輸入車(7,000円)につきましては、下記料金にそれぞれ上乗せとなります。サイドケース&トップケースは1個に付き3,000円追加です。※メーカー・車種・年式・形状・ボディサイズ・汚れ具合等により施工価格は変わりますので、詳細はお問い合わせ下さい。トライクの場合は二輪の施工金額の5割増となります。

【フルコース施工料金・下地処理、コーティング出来る部分は全て行います】

排気量(※1)
新車(※2)/新車以外(※3)
1000cc以上:
53,000(税込)/58,000(税込)
750cc以上1000cc未満:
50,000(税込)/55,000(税込)
400cc以上750cc未満:
48,000(税込)/53,000(税込)
125cc以上400cc未満:
42,000(税込)/45,000(税込)
51cc以上125cc未満:
35,000(税込)/37,000(税込)
51cc未満:
33,000(税込)/34,000(税込)
※1
実際の詳細排気量ではなく、一般的に知られている排気量での区別となります。例)実際は396ccでも、一般的には400ccとして扱われています。
※2
新車定義:新車登録3か月以内であること。酷い汚れ・オイル汚れなどが無いこと。
※3
塗装やホイール、アルミパーツなどの汚れやサビ、オイルによる油汚れが酷い場合には、下地処理に必要以上手間取りますので、別途見積もりを取らせて下さい。旧車、カスタム車、通常よりビッグサイズのバイクなどの場合も別途ご相談下さいませ。

バイクコーティング(新車限定 Non Polish)

納車後、約1か月以内の新車限定のリーズナブルなコーティングメニューです。
下地処理(磨き)を行わないため、塗装が平滑な状態である新車塗装にのみ施工可能です。

コーティングにはUVカット機能付きのトップコート(1層)のみのコーティングとなりますが、他社コーティングショップでの仕上がりと比較しても大きく劣るところはありません。また、コーティング被膜は、石油系溶剤を含まない環境対応品ですので、酸化劣化することなく長期間コーティング効果を維持可能です。

※小キズや磨き跡(オーロラマーク)等が気になる方には、別途費用で部分的な下地処理を行います。

排気量(※1)
施工価格
1000cc以上:
28,000(税込)
400cc以上1000cc未満:
25,000(税込)
125cc以上400cc未満:
23,000(税込)
51cc以上125cc未満:
20,000(税込)
51cc未満:
15,000(税込)
注意
実際の詳細排気量ではなく、一般的に知られている排気量での区別となります。例)実際は396ccでも、一般的には400ccとして扱われています。

部分コーティングの施工

部分的なパーツの施工料金の目安は下記となります。下記料金は一般的なバイクの価格の目安ですが、車種によるパーツの大きさ・形状などで作業量・時間は変わりますので、詳細金額はお問い合わせくださいませ。

施工場所
施工料金
ナンバープレート:
¥3,000(税込)
カウル:
¥7,000〜20,000(税込)
ヘッドライト:
¥5,000(税込)
テールライト:
¥5,000(税込)
ウインカー:
¥5,000(税込)
マフラー:
¥7,000〜18,000(税込)
タンク:
¥7,000〜15,000(税込)
ヘルメット:
¥5,000(税込)※ボディコーティングとの同時施工での料金
ホイール(前後):
¥8,000〜15,000(税込)
サイドミラー撥水加工(2面):
¥3,000(税込)
サイドケース(1つ):
¥3,000(税込)※ボディコーティングとの同時施工での料金
トップケース(1つ):
¥3,000(税込)※ボディコーティングとの同時施工での料金